Analog in Digital

999.jpg
Fly High with your thoughts
— Baku Osawa

人手を使ってアナログで完成されるアートをどのように世界へ紹介するか?これはデジタルの力を借りる他ありません。何事もスピードが必要とされる現代社会において、芸術作品も過去のように「待ち商売」では何も発展・進化しない時代になりました。

多くの「アート村」に依存する芸術家は、その狭い村社会に居座りながら時を過ごして行きます。私はその異空間とも言える社会には依存していません。今回のコラムでは私自身が制作したデジタルコラージュを参考に、「制作に要した時間とその労働対価」についてご紹介します。

In the modern society where everything needs needs to be speedy, works in the past, works in the art, how is you, how is it completed, how is it done by analog using human hands, to the world? Artists who really on many "art villages" Spend their time staying in the narrow village village. I am not dependent on the society where I can say that different space. The In this column, I will introduce the "time taken for production and the labor cost" referring to the digital collage that I made myself. reason is that there is only a reality that is not equal to equal to familiarity.

 
 

「理想と思考」を1秒で表現する

10.jpg
455.jpg

2019年にはいって時々制作してきたデジタルコラージュ。フリーイメージや自身撮影の素材をもとに、フォントや過去のスケッチなどと組み併せて作る「遊び」の粋の作品です。
販売目的ではないため、「何となく」や「思いつき」に近い、本題前のイントロダクションのような工程なので、直感で「これでいいかな」という箇所でエンディングを迎えます。(厳密な直感です)

大切なのは、イメージを創り上げて行くときに、「誰にどんな目的で」という商業的な指数(KPI)を深く考えすぎないことです。あくまでもスケッチというスタンスで、自分の「理想や思考」を直感的に突き止めることが大切です。ぼんやりとした理想を抽象で終わらせないで、具体化して納得しながら進行することが大切です。上記の2つのイメージはそれぞれ15分程度で完成しました。小難しく何かを狙う必要はありません。自身が好きなポイントで手を離す勇気が必要なのです。

 

「シンプルにする」は遠回りを大事にすること

98.jpg
10.jpg

上記の2つの作品は制作時間が1時間半ほど掛かりました。上の細かいあしらいが存在する作品については何となくこの所要時間になるのは理解頂けると思いますが、下の「X」だけのあしらいがある作品がどうして90分も掛かるのか不思議ではないでしょうか?

絵を描いたり、デザインをしたりする時によくある「追い込み過ぎ」「盛り過ぎ」という結果が90分という時間を所要してしまいました。これは「手の止め時」という事を意識しないで、作品を客観的に見れていなかった事から起こる現象です。「盛りすぎず」と「盛らなすぎず」という絶妙な感覚は制作者本人にしか解りません。皆さんの中にも「もっとこうしたらいいのではないか?」という感覚をお持ちになる方もいらっしゃるかもしれませんが、わたしにとってこの作品のエンディングはこの箇所でした。

「シンプルほど難しいものは無い」という言葉では表現できないくらい、制作者は遠回りをしながら着地点を探しているとも言えるのです。

 

そして、その労働対価

ご紹介したようなコラージュ制作物が即座に販売に紐付くことはまれにあります。一点2,000円〜20,000円程度の画像データ納品物や、直筆サインがある現物納品など様々です。30分〜1時間半の「理想と思考」を注入した作品は、世界の誰かが興味を持って頂ける機会であり実際に作品購買へ繋がるという実績を残せるだけでも幸せなことですね。以下に私の作品販売価格の目安としてご紹介いたします。

  • コラージュA1サイズポスター ・・・ 24ドル〜(サイン無し /PDF, JPG, EPS, TIFFデータのみ)

  • オリジナルコラージュ・・・1,400ドル〜(サイン有り / 送料別途)

アナログで作られた制作物をデジタルの領域で販売することは昔から存在しました。現代はその製品のリリースをいち早く関心を抱いていただけるユーザーへ届けることが大切です。私の場合、絵画やコラージュなどの平面がメインですが、これからは楽曲や映像などの作品をこれからは作品の一部として販売して行きたいと思います。

マネタイズ #自社 #媒体 #オウンドメディア #アナログ #IT


株式会社ベークン(bacun inc Japan) 公式Facebook
参考URL:https://www.instagram.com/bakuosawa/