Workspace Environment

02.jpg
Workspace everywhere
— Baku Osawa

どこにいても仕事ができる環境を作ること。それがこれからの時代には必要とされてくると思っています。駅のホームや出社時の車中やバスの中でもほんの少しの結果を残して行くこと。これができれば新しく時間を作ることができる。仕事環境にこだわるのではなく自らが歩む延長上に環境を作ることが大切であることをお話したいと思います。


Create an environment where you can work wherever you are. I think that will be needed in the coming era. I will leave some results in the train at the station, in the car when I go to work, and in the bus. If this can be done, we can make new time. I would like to talk about the importance of creating an environment as an extension of one's own path, not focusing on the work environment.

 
 

環境に依存しない

2017年の夏の南紀白浜。
家族で旅行に行ったときもプールサイドにラップトップを置いて作業をする。子供達と戯れながらも隙を見つけてその時こなせる依頼事項などをまとめたり配信したりと、5分で終わる作業の積み重ねが、オフとオンを丁度よくバランスをとってくれます。

携帯端末からの作業もできることで、1日中作業しようと思えばできる時代です。出社しなくても自分が歩む先の環境に合わせたボリュームをこなすことが、飛躍的に仕事の進度を加速させます。

一旦座ると立ち上がるまでに処理が掛かる作業は残しておいて、鼻歌交じりでスラスラとこなせる事をできる限り詰めることで、細かい余計な心配や小言が減るのが事実です。実際、私の仕事は、エンジンが掛かるまでに時間を要するので、こういった細かい「バント」のような積み重ねが大事なのです。

2017年USJ付近のホテルにて、娘たちと戯れながら作業

2017年USJ付近のホテルにて、娘たちと戯れながら作業

  • 環境に甘えるとその枠だけのアイデアしか思いつかないことに気付かされる

  • 環境が変わる事に慣れることで、多少の試練が必要な場所であっても一定した質のサービスを公開することができる

  • メディアと結びつけながら仕事をすることで、物事の違う側面が見えてくるので学びが多い

  • 家族と時間を費やせるので、成長期の子供達と直接話し合ったりすることができる

など上記のようなメリットに出会うことができます。これは一人であっても従業員がいても同じことであって、「こういう社風です!」と言い切ればできてしまうのですが、まわりをみても積極的に取り入れてる企業は少ないようです。

 

環境とアーティスティックに共存する

05.jpg

事業者や先輩の話を思い返すと、「アートやクリエイティブには環境作りがとても大切」という持論を持たれている方が多かったのを思い出します。

周りを固めてその中で最高のポテンシャルを発揮するという意味があるのかもしれません。それはそれで良いと思うし、エントランスが良い香りの綺麗なオフィスに出社して、毎週木曜にはギャラリートークを開催して人と交わるような素敵な環境を作ることで、会社として採用には有利になるのも事実でしょう。

一個人の人生とアートを絡めたとき、またそのアートを賄いとする場合はどうでしょうか。誰にも依存せずに自らの力で築き上げていく時、私には今の「行く先がオフィスです」という程度が私の身の丈にあっていると感じます。

 

仕事場の延長上はどこ??

一点に集まり、一点に出向いて仕事をすることに慣れてしまっている方に理解されるわけがないのかもしれません。

「仕事場の延長って何処ですか?」

と聞かれたら、「それは知りません」というしかないですよね。
最低限、教育機関や病院、銀行や関連期間からその所在がわかる本社があることが大切です。ですが日々の活動の場は一つの場所にこだわらなくても、いつか見えない未来に、新しい自分にあった仕事場が出来上がっているんだと思います。

考え方も一緒に柔軟になることで、細部に渡ったこだわりがあるのは大事ですが、表面の10%程度はどう転んでも良いようにしておかないと、自分らしく生きていけないと痛感する毎日です。

思考に余裕を、空間や環境にも余裕を。
アーティスティックに存在して生きていくには、目先の環境に惑わされないことが重要です。

#仕事環境 #ノマド #外仕事 #アート