Wakayama Office

199.jpg
A Little Change Makes Me MOVE Forward
— Baku Osawa

和歌山県南紀白浜に位置するホテル川久はリゾートホテルには、田辺湾を望む巨大な博物館のようなリゾートホテルとして、スタイルが異なるスイートルームや温泉施設が、サービス、お食事、ワインを含め、全てが完成された芸術として存在します。お食事「王様のビュッフェ」は国内の贅沢な素材を使用した「最高峰の究極のビュッフェ」として君臨し、提供が始まった2015年以降、大人気商品としてホテル川久で毎日提供されています。

そのホテル川久館内で過ごす環境をご紹介します。ご宿泊経験がある方も見たことがない情景がたくさんあると思います。

 
 

Around The Hotel

田辺湾を一望することができる立地(白浜古賀の井 Resort&Spaから撮影)

田辺湾を一望することができる立地(白浜古賀の井 Resort&Spaから撮影)

オーシャンビューが基本的な空間構成になっているホテル川久では、ほとんどのお部屋から海(田辺湾)を一望することができます。深い緑と青い空と海が交差するこの立地は、北海道に住んでいる私にとって印象深いイメージとして記憶しています。

ホテル川久東側から撮影

ホテル川久東側から撮影

ホテル川久西側から撮影

ホテル川久西側から撮影

滞在される時期、季節や時間帯によって海面・空の色が変化します。雨期にはゆったりとした雲や靄が掛かり、梅雨後のスッキリとした時期は晴天が続きます。

クルーザーでの海上ツアーや早朝から漁師と一緒に船出するフィッシング、セスナツアーなどその土地の特性をいかしたアクティビティが人気なのは理解できます。

また神戸空港や中部国際空港セントレアからも小型機やヘリコプターで南紀白浜空港まで移動することができるため、鉄道やバス、自家用車以外の移動体験としても、空から探訪するホテル川久という経験は一生の思い出にのこるでしょう。

 

The Gate 門構え

エントランスにそびえるホテル川久のシンボルとも言える兎

エントランスにそびえるホテル川久のシンボルとも言える兎

ホテル川久へ向かう一本道から見ることができる、特徴的な瓦屋根のゲートとシンボルの兎。どうして兎なのかは現地の案内人に聞いてみてください。深い歴史が刻まれております。

設計建築をしたアーティストは、コントラストが強い青い空とオレンジの屋根瓦を意図的に組み合わせたと思います。石で組み上げられた外壁の重厚感は、西洋の城や博物館を思わせるほど、ずっしりと、また優雅に佇んでいます。

ホール2階から見える風景

ホール2階から見える風景

22.5金で覆い尽くされたエントランスホールの天井は、「豪華」という単純な言葉では表現することができません。落ち着き、静けさを多分に含んだその色合いは、朝昼晩とその艶を深めお客様をお出迎えします。

ホール2階渡り廊下からラウンジの風景

ホール2階渡り廊下からラウンジの風景

ホテル川久に存在する、たくさんのお気に入り撮影スポットの一つに、ラウンジを見下ろす箇所があります。多少の風で揺らぐシャンデリアと目の前に広がる田辺湾と青い海、サービスをするスタッフやお客様の声。

生きている施設というのは、常にその背景に「歴史」と「意味合い」が垣間見れるものです。現代的な単純構造施設ではない、本当の意味での目で見る贅沢がこのホールには存在します。

1階ビュッフェ会場通路にある小さなシャンデリア

1階ビュッフェ会場通路にある小さなシャンデリア

ランプの数も少なくとても小さなシャンデリアがビュッフェ会場通路上にあります。お食事にいらっしゃるお客様を一番最初に迎える照明です。

あまり気付かれない存在ですが、ご滞在の際は一度そのけなげな色合いを愉しんでみてください。

 

The ROOM

プレジデンシャルSPAスイート

プレジデンシャルSPAスイート

最高峰の景色と薫り

見晴らす限り澄み渡る青空と海の景色がそこにあります。3階〜8階まで6室限定のプレジデンシャルSPAスイートは、数ヶ月先までご予約で一杯の人気のお部屋です。数タイプの大きさのお部屋がありますが、私個人は5階の部屋が好きですが、公式ウエブサイトからその魅力を御確認ください。

仕事でお邪魔していた時は、大抵8階ロイヤルフロアにある805号室のジャグジーというお部屋を提供して頂きました。館内のほぼ全てのタイプのお部屋で滞在させて頂きましたが、このプレジデンシャルSPAスイートは別格です。

  • 開放的である

  • 潮の香りと波の音が静かに部屋中に漂う

  • 景色が目線の先にあるので、自身が自然の中にいるような気分になる

  • 240度ほどに視界が広がる角部屋なので、どこにいても南紀白浜を感じられる

お部屋に宿泊する目的は様々であっても、就寝時・起床時の開放的な気持ちは忘れたくないものですよね。このプレジデンシャルSPAスイートはそんな、気持ちのゆとりを更に助長してくれる要素が詰まっています。

 

今回の記事ではホテル川久の周辺環境やエントランスからお部屋までの導線をご紹介しました。次回は温泉、お食事、ワインセラーなどを中心にご紹介します。